近江商人屋敷で、「商家に伝わるひな人形展」が開催されています。


近江商人屋敷にて、ひな人形展が昨日から開催されています。
五個荘地区にある、4つの近江商人屋敷を中心に開催されています。
この時期に毎年開催されているひな人形展ですが、毎年工夫を凝らした展示でとても素敵な空間を楽しむことができます。

昨日は、金堂まちなみ保存会さんが拠点として使用している金堂まちなみ保存館に行ってきました。
そこには、お花をひな人形に見立て飾られているフラワー雛人形がありました。
とても素敵な作品です。ぜひご覧ください。
他の屋敷にも、特色あるひな人形が展示されているます。
また、2月13日、14日には、にんげん雛絵巻があります。人が実際にお内裏さまやお雛様になり、来られる人を迎えます。
こちらも合わせてご覧ください。
また、昨年の4月に琵琶湖とその水辺景観が日本文化遺産に登録されました。
五個荘の金堂地区にある水辺の景観もその中に含まれています。
まちを歩きながら、素敵な水辺の景観もご覧になるとこのまちの歴史を感じるきっかけになるのではないかと思います。
DSC_0156
ひな人形展は、2016年2月2日(火)~3月21日(月・祝)まで開催しています。
詳しくは、こちらのホームページをご覧ください。
http://www.higashiomi.net/feature

Top