市民活動支援センター意見交換会inひとまち交流館


本来は昨日ブログ更新予定だったのですがすっかり忘れてしまっていたのでいまさらですが更新になります(汗)

 

23日(火)に、市民活動支援センター意見交換会の研修ということで、京都府「ひとまち交流館」に伺ってきました。

今回のテーマは「情報収集・共有の方法について学ぶ」ということで、ひとまち交流館2階の京都市市民活動総合センターの指定管理をされておられるNPO法人京都NPOセンターお話を伺ってきました。

最初に施設の案内をして頂き自由にみて回れる時間を取っていただきました。

こちらの施設では、事務所が持てない団体さん向けにスモールオフィススペースがあったり、郵便物を入れられるメールボックスを置いたりなどの配慮がみられました。

その他にもいろんなところの助成金情報であったり、ボランティア情報があったりと施設に来るといろんな情報がもらえる場所として確立されてるいると思いました。

NPO法人京都NPOセンターの主な情報発信ツールは機関紙やHP、ブログにfacebook、メディアを使った発信としてラジオがありと多岐にわたるものでした。

また、情報発信するものによって数人ずつ担当がおられ、しっかりと更新をされているとのことでした。

アクセス数も、HPですと平均で16000アクセスで、FBは1日約9000ページビューがあるとのことでした。

自分のところを考えてみると何倍も違いがあり驚きでした。

私達の団体でも情報発信のツールが多く、整理しないといけないという話を午前中にしたところだったのでなにやらタイムリーな話でした。

今後は他の団体のHPも参考にしつつ、まずは自分の団体の情報発信の効率化や充実をしていきたいと思います。

↓当日の様子です

image1 image2

Top