今日は、まちづくりネット東近江の5才のお誕生日です。


年も明けてから、早いもので11日もたちました。段々と普段のペースに戻ってきたところでしょうか。

今日は、とてもいい天気ですが風も冷たく、今シーズン最強最長の寒波と言われるように、とても寒い日になりましたね。

そんな今日ですが、実はまちづくりネット東近江がNPO法人を設立した日です。

5年前の1月11日に、NPO法人まちづくりネットが誕生しました。早いもので、5年もたつのですね。

いろいろなことがありましたが、多くの人に支えられて5年間やっていくことができました。

皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

まだまだできないことも多いですが、微力ですが、東近江のまちづくりの力となれるようにがんばっていきたいと思っています。

今後もよろしくお願いします。

 

さて今日は、東近江市観光物産課さんとじゃらんさんが開催された観光モニターツアーに参加しました。

今回のツアー内容は、夏から秋ごろに、3回にわたって八日市地区や市辺地区にスポットを充て、地域の魅力を見つけるワークショップの中から、出てきたものをじゃらんさんがまとめてくださり、コースになりました。

 

そして今回、参加したのは「ヘルシー&リラックスコース」です。

ますきちさんでお茶の入れ方を学び、kokonさんで地元食材を生かしたランチを頂いた後、遊林会さんの案内で河辺いきものの森を散策するツアーです。

タイトルにもありましたが、とてもリラックスすることができ、ストレスが解消されるようなコースでした。

初めは、江戸時代からお茶屋を営んでいる「ますきち」さんです。

実際に店主である、堤さんにお茶を淹れてもらって、煎茶と玉露、そして政所茶を飲み比べてみると、普段あまり感じなかった味わいや香りを感じることができました。

温度に気を付け、ゆっくりといれることで、お茶の味わいは変わってくるのだそうです。

まろやかな味を出すには、ぬるめのお湯でゆっくり入れることがコツなのだそうです。

また、お茶の種類によっても、お湯の温度や入れる量にも違いがあるそうで、お茶屋さんに聞くと教えてくださるそうです。

ぜひ、購入の際には聞いてみてくださいね。

 

 

 

 

 

お昼は、本町商店街にある「kokon」さんでランチをいただきました。

地元の食材を活用したランチということで、ボリュームもありとてもおいしかったです。

少し量が多い印象もありましたが、ワンプレートにまとめてくださり、一つ一つ小鉢に入って見た目もおしゃれでした。

 

 

 

 

 

ここは、店内が行くごとに変化します。

店主の吉田さんが、自分達で店を作っているので、現在も進化し続けています。

そんな変化を見に行くのも楽しいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

そして、最後は、「遊林会」さんの案内で河辺いきものの森を散策し、みんなでバームクーヘンを焼きました。

風が吹いていて少し寒かったのですが、天気がとてもよかったので気持ちよく森の中を歩くことができました。

今は、冬の森。冬の森にしか感じることができない、少し寂しさを漂わせながらも、空気が澄みきった感じが冬ならではの感じがして良かったです。

日本には、四季があるので、その四季に合わせた森の変化が感じられるのは、とても貴重だなと思います。

河辺いきものの森には、野生のうさぎやキツネもいるそうで、森を散策するとそんな動物たちの足跡も見ることができます。

 

 

森の散策後、みんなでバームクーヘンを焼きました。

始めはあまりうまくできなかったのですが、段々とやっていく内に、コツをつかむことができました。

話をしながら共同作業することで、楽しい時間を過ごし仲が深まりそうです。

 

 

 

 

最後は、自分達で作ったものを美味しくいただくことができました。そこも楽しいところ。

今回は、あまり時間が少なかったので、短縮しながら進めてくださいました。

なので、バームクーヘンも層が少し薄めです。

味はとても美味しかったです。自分達で手作りし、一から作ったものはやっぱり美味しいですね。

 

 

 

さて、今回のツアーのターゲットは30代から40代の女性。

個人的には、30代なのでターゲット層にばっちりです。個人的な感想を言うと、すごく楽しくリラックスできました。

普段と違った体験ができるのは、旅の醍醐味でもあります。ここでしかできないことをたくさん感じて、そして増やしてもらえたら、東近江市の魅力を十分に出せるものができるのではないかなと思います。

 

Top