panasonic NPO/NGO サポートファンド for SDGs 事業募集


パナソニックは2018年3月にお陰様で創業100周年を迎えました。
創業以来、常に「人」を中心に、その「くらし」を見つめ、「A Better Life, A Better World」の実現に向けて、事業活動とともに企業市民活動を通じて社会課題の解決や、より良いくらしの創造と世界中の人々の幸せ、社会の発展に貢献すべく取り組んでまいりました。

一方、グローバルでの社会課題を捉えると、2015年に国連で採択された2030年までの持続可能な開発目標である「Sustainable Development Goals(SDGs)」には、第1の目標に「貧困の解消」が掲げられており、新興国・途上国における絶対的貧困はもちろんのこと、先進国でも相対的貧困の深刻化により格差が広がりつつあるなど、その課題解決に向けた取り組みが急務となっています。
松下幸之助創業者も、企業の社会的使命として「『貧困』がこの世に存在することは罪悪であり、なんとしてもなくしていかなければならない」と語っています。

そこで本ファンドでは創業者の言葉に立ち返り、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、その組織基盤強化に助成します。そしてこれまで以上に新興国・途上国の社会課題に貢献すべく「海外助成プログラム」を新たに設けることにいたしました。

1、助成対象団体

(1)海外助成:新興国・途上国・地域で貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGO

(2)日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNPO

(1)(2)共に 団体設立から3年以上であること、日本国内に事務所があること、有給常勤スタッフが1名以上であること

2、助成対象事業

第三者の多様で客観的な視点を取り入れた「組織診断」または「組織基盤強化」の取り組みを応援します。
組織課題を明らかにしたうえで組織基盤強化に取り組むための「組織診断からはじめるコース」と具体的な組織基盤強化の取り組みを応援する「組織基盤強化コース」の2つのコースがあります

3、助成事業期間

 「組織診断からはじめるコース」:2019年1月1日~8月31日(8ヶ月)

 「組織基盤強化コース」:2019年1月1日~12月31日(1年間)
※「組織診断からはじめるコース」は、その後「組織基盤強化コース」に応募することが可能です。
「組織基盤強化コース」は1年継続助成が可能です。いずれも継続助成の選考があります。

4、応募受付期間

2018年7月17日(火)~2018年8月3日(金) 必着

5、問合せ

・海外助成

認定特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18
アバコビル5階
TEL:03-5292-2911 FAX: 03-5292-2912
担当:松尾 E-mail:pnsf-sdgs@janic.org

・国内助成

特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3
日本橋MIビル1階
TEL:03-5623-5055 FAX: 03-5623-5057
担当:坂本・武藤 E-mail:support-f@civilfund.org

・総合事務局

【パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化部】
〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
TEL:03-3574-5665 / 担当:東郷

 

募集についての詳細や申請書は下記HPをご覧下さい。

https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary/2018_recruit.html

Top