びわ湖東近江SEA TO SUMMITが開催されました。


6月2日(土)、3日(日)にびわ湖東近江SEATOSUMMITが開催されました。

昨年に引き続き2回目の開催になります。

このイベントは、人力のみで海今回は湖(カヤック)から里(自転車)、そして山頂(登山)へと進む中で、自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えようという環境スポーツイベントです。

1日目は、環境シンポジウムで東近江市内で、自然と共に生き、生業にしている方をお招きし、普段どのように自然と関わっておられるのかを話していただきました。

2日目は、早朝6時にスタートをし、湖でカヤックをし、自転車をこぎ、最後は、登山を行うアクティビティを行いました。

湖では、カヤックやカヌー、SUPで、湖を楽しむ姿が見られました。とてもいい天気すぎて、風がなく、参加者の方は進むのに苦労されていました。

次に、能登川のカヌーランドから、永源寺の山の子の家まで自転車で迎います。途中、とてもきつい山道があり、自転車を押して峠を越えられる方が続出。

途中には、応援してくださる方もおられ、その応援を力に変えて最後までがんばって走っておられました。

そして、最後は、登山。今回の山は「天狗堂」です。高さは、988mと鈴鹿10座の中でも低い山ですが、山頂付近には、最後の最後に体力を奪われるような急勾配な上り坂があります。

 

しかし、眺めはとてもよかったようで、山頂からは東近江市が一望できたそうです。

とてもよい天気に恵まれ、全国だけでなくアメリカから、総勢200名あまりの方が東近江の自然を満喫されました。

Top