ちゃんぽん亭で東近江市産の野菜が味わえます!


昨日は、東近江の地域商社「株式会社東近江あぐりステーション」と近江ちゃんぽん専門店ちゃんぽん亭総本家でおなじみの「ドリームフーズ株式会社」の

継続的直接売買契約締結の記者会見に出席しました。

この契約によって、東近江市産のキャベツとネギがちゃんぽん亭で提供されるちゃんぽんの野菜に使われることになりました。

これは、東近江市の野菜を地域でもっと食べてもらいたいと設立されたあぐりステーションと

地産地消や食の安全安心にこだわったちゃんぽんの提供に取り組まれているドリームフーズ株式会社の思いが結びついた契約です。

ドリームフーズ株式会社によると、東海、北陸、近畿に出店している50店舗で提供される野菜の約50%が東近江市産のキャベツとネギになるそうです。

記者会見では、ドリームフーズ株式会社の山本英柱さんとあぐりステーションの松井茂光さんから、今回の契約に対する思いが語られました。

山本さんは、

「ちゃんぽん亭でつくるちゃんぽんは、こだわりの出汁とともに野菜のうまみにもこだわってきた。これまでも地産地消に対する思いがあったが、

野菜の安定確保の難しさなどいろいろな課題が多かった。今回の契約によって、地元の野菜をたくさんの方に食べていただけることになって嬉しい。

現在は東近江市産50%だが、将来的には100%になるようにしたいと考えている。東近江の美味しい野菜をちゃんぽんを通じてPRしていきたい。」

松井さんは、

「農家が野菜を安定供給できるしくみづくりと、地域の人にもっと東近江の野菜を食べてもらいたいという思いで進んできた。

それが今回、このようなカタチとなることができうれしい。

今回の契約は、農家さんにとっても、育てておられる野菜の品質や収穫量、いろいろなことを前向きに考えていけるきっかけとなった。

夏のキャベツは栽培が難しいが、東近江では美味しいキャベツが採れる。美味しいのに、なかなか地域に届かなかった野菜を

これからも外食産業ややスーパーなど、いろいろなところから地域の人に食べていただけるように頑張りたい。」

とそれぞれお話しされていました。

スーパーに行くと、県外の野菜がたくさん並んでいますが、東近江ではいろいろな種類の野菜が栽培されています。

地元で育った野菜を、地元で消費する。「東近江の野菜おいしいね」と地域の人が当たり前のように食べている姿ができるといいですね。

まずは、みなさんちゃんぽん亭で東近江市産の美味しいキャベツとネギを味わってください!

東近江市内には、五個荘と能登川の2店舗お店があります。

地元の野菜が使われているんだと思うと、通って食べに行きたくなりそうです(^_^)

Top