11/30まで ネット社会課題対応の活動プロジェクトスタートアップ援助


■ネット社会課題対応援助の募集(2018年度)■

電気通信普及財団では、2017年度から、

情報通信の普及、利活用の振興を図る視点から、

利用者の情報リテラシー、スキルの向上をはじめとする

情報社会の進展に伴い生じている社会的な課題に取り組まれている非営利の活動や、

地域や社会の課題の解決に貢献するため、

オープンデータを活用するなど社会的な課題への対応に情報通信の利用を適切に組み合わせ、

その取組の効果を高めようとする非営利の活動を支援するため、

これらを実施する非営利団体(NPO等)に対して援助を開始いたしました。

(問合せ先:公益財団法人電気通信普及財団 援助申込係)

 

■援助の対象

①利用者の情報リテラシー、スキルの向上をはじめとする

情報社会の進展に伴い生じている社会的な課題に取り組む非営利団体(NPO 等)の

活動プロジェクトに対する援助

 

②地域や社会の課題の解決に貢献するため、

オープンデータを活用するなど情報通信の利用を適切に組み合わせつつ、

社会的な課題に取り組む非営利団体(NPO 等)の活動プロジェクトに対する援助

 

■援助の対象期間

原則、募集・採択年度の次年度に実施する非営利の活動プロジェクト

 

■援助額

年間200万円程度(1~3年程度)

※選考結果通知:2019年3月

 

(応募要領については、下記HPをご確認ください)

https://www.taf.or.jp/grant-c/03/

Top