12/31まで 旧街道等の歴史的に価値のある道の植栽等による整備の協働事業への助成


■平成30年度「歴史の道みどりの拠点づくり事業」の公募■

公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会は、

街道を人間の生活と自然の接点と捉え、緑あふれる空間を創造することにより、

当協会が目指す「自然と人間との共生」という理念の継承発展につなげ、

人間にも自然にも魅力的な環境づくりを目指していきます。

(問合せ先:公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会 歴史の道みどりの拠点づくり係)

 

■助成の対象・整備内容

・旧街道等の沿道で、樹木を植えることが可能なスペース(原則10㎡以上)

・土盛、メイン樹木(樹高:3~7メートル)、低木、地被類、道標、銘板設置等

 

■応募者

当該地元市町村(都道府県も可)、

事業実施者及び維持管理団体(地元自治会等)が一体となって応募してください。

・自治体(市町村、都道府県)は、歴史街道等の整備構想・計画等を持っていること。

※整備構想・計画等を策定中の場合も可

・整備と管理は地元自治会等が行うとともに、

工事発注と完成後の樹木等の日常的な維持管理も併せて行うものとします。

 

■事業実施期間

事業採択された場合、

平成31年4月に正式申請の後に着手いただき、平成32年2月末日までに施工完了いただきます。

※審査結果の通知:平成31年2月末

※事業の実施に当たっては、

当協会と地元市町村、事業実施者及び維持管理団体等との間で、協定書を締結していただきます。

 

■事業費の支払い

活動が完了した後の「精算払い」となります。

※1か所150万円程度を限度、全国で2か所程度

 

(応募要領については、下記HPをご確認ください)

https://www.expo-cosmos.or.jp/main/community/community2.html

Top