1/20まで 仲間と手を取り合い、様々な社会課題にチャレンジする活動を応援します


■2019年度「できるコトづくり制度」助成金の公募■

生活協同組合コープしがは、「人と人とのつながりの中で、

よりよいくらしをともにつくるウェルビーイング(well-being)の福祉」をめざし、

その一環として、誰もがよりよいくらしをつくる協同の担い手として、

組合員・役職員一人ひとりが「できるコト」に取り組んでいます。

コープしが「できるコトづくり制度」は、

誰もが安心してくらし続けることができる地域社会を実現していくため、

一人ひとりが持つ「想い」や「願い」が結びつき、

自立した仲間たちがさまざまな社会的課題に取り組んでいくことを支援するものです。

この制度は、さまざまな「想い」や「願い」を持った個人や団体が

新たな一歩を踏み出すための「学びの場-講座」の提供と、

その「想い」や「願い」を実現させるために必要な「資金助成」からなっています。

できるコトづくり制度は2018年9月より、

コープしがとともに、認定特定非営利活動法人 しがNPOセンターが運営を担っています。

(問合せ先:認定特定非営利活動法人 しがNPOセンター)

 

■助成金の種類(2種類)

・はじめて助成

これをきっかけに団体・グループを立ち上げ活動を始めたい!

今まで続けてきた活動で、少額の活動費で取り組める!

・活動助成

活動を広げていくために新しいことにチャレンジしたい!

資金があればこんなことをしたいと考えていた!

※助成の種類によって異なる条件があります。

※自己資金がなくても応募可能

(活動の規模により自己資金を組み入れることは可)

 

■助成対象の活動

私たちのふだんのくらしを「5つのたいせつ」と捉え、

“人のつながりのなかで、よりよいくらしを共につくる”ことに通じる全ての活動です。

□たべる たいせつ

食べることは生きること。

食糧、生産地、栄養、食文化、食育などのテーマ

□びわこ たいせつ

びわ湖が育む水辺や里地、緑豊かな山々と多様ないきものたち。

環境保全、自然体験教育、エネルギー、エコなくらしなどのテーマ

□いのち たいせつ

他者と共に生き、思いやりやささえあい。そして争いのない平和な社会づくり。

人権、健康、医療、障がいのある人との生活などのテーマ

□ちいき たいせつ

みんなが主体的に取り組み、しあわせになれる地域づくり。

子育てサポート、伝統文化の継承などのテーマ

□くらし たいせつ

日々のくらしを取り巻く不安を、力を合わせて越えていく。

居場所づくり、見守りパトロール、防災・減災などのテーマ

 

■対象団体・グループ

・コープしが組合員をメンバーに含む団体・グループ。

NPO、自治会などの非営利組織。

※活動の拠点が滋賀県内で、県内で活動の成果が反映されること。

※特定の政党・宗教の活動でないこと。

※滋賀県暴力団排除条例に定める暴力団・反社会的勢力に関係する構成員を含まないこと。

※宣伝目的、その他公序良俗に反する活動を行わないこと。

 

■活動助成期間

2019年4月1日~2020年3月20日

 

(応募要領については、下記HPをご確認ください)

https://www.dekirukoto.org/archives/category/subsidy

Top