「ふらっとまざろうわくわくこらぼ村2018」のご報告


今週、わくわくこらぼ村実行委員での最後の会議を行い、12/1(土)にアピアで開催した「こらぼ村」のふりかえりや来年度に向けた意見交換を行いました。

年に一度、東近江市で地域の課題に取り組む団体が一同に集まり、それぞれの活動をパネル展示や体験コーナー、ステージ発表など、さまざまな形で紹介しています。

今年で5回目となるこらぼ村は「ふらっとまざろう」をテーマに、気軽に立ち寄って団体と交流してもらえるイベントとなり、例年以上にたくさんの参加者(およそ1500人)の来場となりました。

会場企画では、会場を巡ってクイズを解いて景品がもらえる
「ひがしおうみをめぐる!クイズラリー」や

参加団体さんとお話ししたり、体験、ステージを見てシールを集めて参加する
「ふらっとまざろうビンゴ大会」を企画し、

500人もの参加者に楽しんでいただけました。

また、地元の木材で作られた積み木に願い事を付けた風船を飾ったり、これから出産を予定しているパパ・ママ向けの講座、子どもの育ちのお話、絵本の読み聞かせ、親子のふれあい遊びができるスペシャルカレッジコーナーも今回ならではの企画でした。

「わくわくこらぼ村」を通じて団体同士がイベント後に協働し事業を行う事例も増えてきました。今後も、そうした“こらぼ”が増えていくこと、そして、これまで市民活動に触れたことがない市民の方が、市民活動に参加してみようと思ってもらえるようなイベントになっていければと思います。

会場にお越しの皆様、参加団体様、そして1年をかけて準備を共にしてきた実行委員の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

Top